Bill

そらお


(副会長
)


チームを作った、伝説の男たち

ここでは、ツナミライダーズ創設に尽力をつくした3人の男と、
ツナミライダーズ命名者を紹介したい。

会長

会長、孝、そらおの3名は、それぞれが20余年のサーフィン歴を持つサーフレジェンドであり、ツナミライダーズの創設メンバーである。

彼らは、同じ職場で働いていた1995年、前身である「港南サーフィン倶楽部」を設立。好奇心と探求心にあふれる彼らが、サーフィンと同時に極めようとしていたのが、英会話であった。彼らは英会話をマスターするべく、足繁く米軍横須賀ベースに通うようになる。
その頃に知り合ったアメリカ人が、後に「ツナミライダーズ」名付け親となるBillである。生まれも育ちもカリフォルニアのBillにとって、3人のサーフレジェンドと心が打解けあうまでに時間はかからなかった。
しかしある日、Billが流暢な日本語でこう言った。
「コーナンサーヒンクラブは、、、チョットカッコワルイネ」
すでにその事実に気がついていた3人のレジェンドは、リネームをBillに依頼した。
そして、「TSUNAMIRIDERS」の名前が誕生した。

現在、3人のレジェンド達はそれぞれ別な職場で働き、4人目のレジェンドであるBillは故郷のカリフォルニアに戻った。
今では4人が顔を会わせる機会が少なくなってしまったが、彼らの作り上げた「ツナミライダースピリッツ」は、全てのツナミライダーたちに受け継がれている。